(事業の目的)
第 1条 合同会社 窟王が開設するふるさぽステーション 小結(以下、「事業所」という。)が行う指定居宅介護及び重度訪問介護(以下「指定居宅介護等」という。)の事業の適正な運営を確保するために人員及び管理運営に関する事項を定め、利用者に対し、適正な指定居宅介護等を提供することを目的とする。

(運営の方針)
第 2 条 指定居宅介護及び重度訪問介護事業所の従業者は、次に掲げる方針に基づき、
指定居宅介護等を提供するものとする。
(1)事業所が行う指定居宅介護の事業は、利用者が居宅において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者の身体その他の状況及びその置かれている環境に応じて、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の生活全般にわたる援助を適切かつ効果的に行うものとする
(3)事業所が行う指定行動援護は、利用者が居宅において自立した日常生活又は社会生活
を営むことができるよう、当該利用者の身体その他の状況及びその置かれている環境に応じて、当該利用者が行動する際に生じ得る危険を回避するために必要な援護、外出時における移動中の介護、排せつ及び食事等の介護その他の当該利用者が行動する際に必要な援助を適切かつ効果的に行うものとする。

2 事業所は、従業者が提供する指定居宅介護等の質の評価を行い、常にその改善を図るものとする。
3 指定居宅介護等の提供に当たっては、地域や家庭との結び付きを重視し、市町村、他の指定障害福祉サービス事業者その他保健医療サービス又は福祉サービスを提供する者との密接な連携に努めるものとする。
4 事業所は、利用者の人権の擁護、利用者に対する虐待を早期に発見して迅速かつ適切な対応を図るため、次の措置等を講ずる。

  1.  虐待の防止に関する責任者の選定
  2.  成年後見制度の利用支援
  3.  苦情解決体制の整備
  4.  従業者に対する研修の実施
  5.  従業者に対するこころの支援

 

 

(事業所の名称及び所在地)
第 3 条 事業所の名称及び所在地は次のとおりとする。
(1)名 称  ふるさぽステーション 小結
(2)所在地  札幌市豊平区月寒東5条11丁目4‐34

(職員の職種、員数及び職務の内容)
第 4 条 事務所に勤務する職員、員数及び職務の内容は次のとおりとする。
(1)管理者 1名(常勤・従業者兼務) 
管理者は、従業員及び業務の管理を一元的に行う。
(2)サービス提供責任者 1名(常勤、専従)
サービス提供責任者は、利用者の日常生活全般の状況及び希望等を踏まえて、具体的なサービスの内容等を記載した居宅介護計画を作成し、利用者及びその家族にその内容を説明するほか、指定居宅介護等の利用の申込みに係る調整、従業者に対する技術指導等を行う。また、居宅介護計画の実施状況の把握を行い、必要に応じ当該居宅介護計画の変更を行う。
(3)従業者 2名(うち常勤・管理者兼務1名、常勤・専従1名)
従業者は、指定居宅介護等の提供に当たる。     

 

(営業日及び営業時間)
第 5 条 事業所の営業日及び営業時間は、次のとおりとする。
(1)営業日 月曜日から金曜日までとする。ただし、祝日、8月15日から8月17日まで及び12月30日から1月3日までを除く
(2)営業時間    9時00分から18時00分
(3)サービス提供は、営業時間に準ずるものとする。  

(指定居宅介護等の内容)
第 6 条 指定訪問介護の内容は次のとおりとする。
(1)身体介護
(2)家事援助
(3)通院介助
(4)重度訪問介護

(利用者から受領する費用の額)
第 7 条 指定居宅介護等を提供した際は、利用者から、当該指定居宅介護等に係る利用者負担額の支払を受けるものとする。
2 法定代理受領を行わない指定居宅介護等を提供した際は、前項に掲げる利用者負担額のほか、利用者から、障害者自立支援法第29条第3項に規定する介護給付費の額の支払いを受けるものとする。
3 前2項の支払を受ける額のほか、利用者の選定により、第8条に規定する通常の事業の実施地域以外の地域において指定居宅介護等を行う場合は、利用者から、それに要した交通費の額の支払を受けるものとする。当該交通費は、公共交通機関を使用した場合は実費を、また、自動車を使用した場合は次の額を徴収する。
(1)通常の事業の実施地域の範囲を越えた地点から、片道概ね15㎞未満   0円
(2)通常の事業の実施地域の範囲を越えた地点から、片道概ね15㎞以上 500円
4 前3項の費用の支払いを受けた場合は、当該費用に係る領収証を利用者に対し交付するものとする。

5 第3項の費用の額に係るサービスの提供に当たっては、あらかじめ、利用者に対し、当該サービスの内容及び費用について説明を行い、利用者の同意を得るものとする。

(通常の事業の実施地域)
第 8 条 通常の事業の実施地域は、札幌市中央区北区豊平区白石区とする。
(緊急時等における対応方法)
第 9 条 従業員は、現に指定居宅介護等の提供を行っているときに利用者に病状の急変が生じた場合その他必要な場合は、速やかに医療機関及び管理者への連絡を行う等の必要な措置を講じるものとする。

(その他運営についての留意事項)
第 10 条 従業員の資質の向上のために、次のとおり研修の機会を確保するものとする。
(1)採用時研修 採用後3月以内
(2)継続研修  年1回
2 従業員は、正当な理由がなく、その業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を漏らしてはならない。
3 事業所の従業員であった者が、正当な理由がなく、その業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を漏らすことがないよう、従業員でなくなった後についてもこれらの秘密を保持するべき旨を従業員との雇用契約の内容とする。
4 事業所は、従業員、設備、備品及び会計に関する諸記録を整備するものとする。
5 事業所は、利用者に対する指定居宅介護等の提供に関する諸記録を整備し、当該指定居宅介護等を提供した日から5年間保存するものとする。
6 この規程に定める事項の外、運営に関する重要事項は、合同会社窟王と事業所の管理者との協議に基づいて定める。

 附 則
この規程は、平成 24年 9月 1日から施行する。